毛嚢炎になる人には脱毛がおすすめ

ムダ毛をカミソリで剃ったり、毛抜きで抜いたりしていると肌や毛穴に負担がかかって、赤くなったり、ひりひりしたりすることがあります。肌の表面にある角質層が、お手入れの刺激でめくれてしまったり、ムダ毛と一緒に薄く削ってしまっていることが原因で炎症を起こしてしまうからです。

傷ついたり、炎症を起こしてしまったりしていると、肌や毛穴についている細菌に負けてしまい、毛穴が炎症をおこし化膿してしまう毛嚢炎になることがあります。毛嚢炎になると、毛穴の中で細菌が繁殖するため、治りにくく、赤いぶつぶつができたり、黄色っぽい膿がたまってしまうことがあり、かゆみや痛みが続く症状も出てきます。毛嚢炎になりやすい人におすすめのムダ毛のお手入れは、脱毛です。

カミソリやシェーバー、毛抜きでムダ毛をきれいにすることをやめることが大切なので、脱毛をしてお手入れの回数を減らし、お手入れを楽にすることで毛嚢炎になりにくくなります。毛嚢炎になりやすい人は、肌のトラブルが心配で脱毛をすることに不安があるかもしれませんが、脱毛は、メラニン色素にだけ反応して熱になり、毛根にある毛を作る細胞にだけダメージを与えるため、肌の他の部分には悪影響がない安全性の高い方法なので、自分でお手入れをし続けるよりも肌に優しいので安心です。

脱毛は、乾燥肌や敏感肌、アトピーなど肌が弱くてカミソリ負けをしやすかったり、乾燥して肌が白くなったりする人にもおすすめできる優しいムダ毛のお手入れです。