永久脱毛は1回では不可能

永久脱毛状態にするには、医療レーザー脱毛を用いるのが主流となっています。費用も比較的安く済み、施術時間も短時間であるため、手軽に利用できるようになっており、永久脱毛が身近なものとなったのは好ましいことですが、1回の施術でかなうことではないということは、理解しておく必要があります。

個人差がありますが、だいたい5回から12回程度レーザー照射を受ける必要があります。要する期間は、2年前後であることが多いようです。息の長い取り組みとなります。

しかし、自己処理を繰り返していたら、一生続くことですし、肌もボロボロになりますから、永久脱毛が身近なものになったことは、歓迎すべきことでしょう。 レーザー脱毛では、黒い色に当たると熱を発生させる光を利用しています。

それを毛に当て、発熱した毛を通じて毛根を焼き切るというものです。ただ、体表に出ている毛は毛穴全体の15%だとされていますし、毛根につながっている毛というのはそのうちの一部です。毛根から離れてしまっている毛もあり、その毛はレーザーを浴びて発熱はしますが、毛根を破壊することはできません。

1回の照射で処理できる毛根は、毛穴全体のごく一部となります。すべての毛穴を焼き切って、永久脱毛状態となれる可能性があるわけですが、そうなるにはだいたい2カ月おきに、レーザー照射を繰り返す必要があります。

自己処理がいらなくなる程度で満足ということであれば、2年かからないこともあります。