脱毛は2回目から効果的に

医療レーザー脱毛では、高い出力のレーザー装置を用います。出力が高いため、毛根を処理できる能力も高いのですが、肌には負担がかかります。

レーザー照射の1回目には、やけどの可能性も考慮して、弱めの出力とすることが多いです。レーザー照射した場合の肌の状態を見るためです。その結果、肌へのダメージが少なく、かつ大半の毛が抜けずに残ったという場合は、2回目のときにレーザーの出力を高めます。

徐々にレーザーの出力を高めていき、危険のない状態で毛根を処理できるように試みるわけです。そのため、効果的に脱毛できるのは、2回目以降を考えていたほうが良さそうです。

初回から、高い脱毛効果を期待したいところですが、やけど状態になることは、なによりも避けなくてはなりません。肌へのダメージを最小限にし、かつ毛根処理が確実におこなえる出力というのは、個人差があり、施術を繰り返す中でつかんでいくことです。最優先するのは、やけどをしないことですから、最初のレーザー照射で、2週間しても毛が抜けてこないということは、ままあることです。

その場合は、その事実を医療機関側に伝えることです。肌が相当なダメージを受け、それで毛がほとんど残っているという状態である場合は、メラニン色素が抜けて、色白の肌になるまで待ったほうがいい場合もあります。

レーザー脱毛という方法が開発されたのはアメリカであり、日本人は白人よりも肌に黒っぽい色素が多いため、色白の肌を保つ必要があります。